月別   │   日付別  │   コメント  │   トラックバック  │   カテゴリー  │  
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.04.17 Friday

活動実績と今後の活動について

現在お配りしている市政報告では表面に4年間の
実績との主なものを掲載しています。
4年前に議員になる時に掲げた5つの政策についての
取り組みの状況を載せさせていただきました。


また、裏面には写真で議会や議会以外での普段の活動を紹介し、
下段に今後取り組む6つの重点政策について掲載しました。
6つありますが、それをさらに細かく具体的なレベルに落とし込んで
今後4年間、取り組んでいこうと考えています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

2015.04.17 Friday

通学路の安全対策

 みなさん、こんばんは。
先日、八生地区交通安全協会の活動に参加しました。
(八生地区交通安全協会にも加入しています)

朝の通学時間帯の安全確保の活動をするわけですが、
八生地区は相変わらず旧道のため、狭隘道路が多く、
危険箇所が多くあると以前から認識しており、議会でも
何度か取り上げさせていただいていますが、田舎特有の課題
(土地が複数名での共有地であったり、名義が先代のままだったり)
等の複雑な手続きを要するため、膨大な時間と労力がかかる
場所があります。
道路を広げることは難しいのかもしれませんが、横断歩道がなかったり、
標識や運転者に通学路であることを知らせる等の方策をとる
ことも必要だと感じました。
子供たちの安全対策は待ったなしで、毎日通学していることを
考えると何らかの方策を取る必要があります。





朝から警察官、PTAの方、安全協会、ボランティア等の多くの
方々に守られていることには感謝です。
2015.04.09 Thursday

八生小学校入学式

 みなさん、こんばんは。
今日は地元であり、母校の八生小学校の入学式でした。
新入生は13名。卒業生も13名でしたのでとりあえずの増減は
なく、現状維持。今後の将来が心配される地域とあり、集まった
来賓の関心は今年の入学者の数や今後のことについての話が
ほとんどです。私にも1歳8ヶ月になる息子がいるのでやはり
将来のことが気になります。

さて、今日は来賓として小泉市長が来ていました。

そして特筆すべきは通常来賓祝辞ではありきたりの「春の息吹が
感じられるこの良き日に、、、」などの決まり文句ですが、なんと、
市長は自分の言葉で原稿も見ずに新入生に問いかけながら話されている
のを見て、感心しました。私も自分の言葉で物事を伝えられる人になりたい
と感じました。

今後の少子化が心配されるこの地域において児童ホームが整備されたり、
放課後子ども教室が実施されるなど、着実にこの地域の教育現場は
変わりつつあります。あとは市街化調整区域等の規制等の問題等も
あるかと思いますが、今後も地域の将来のために尽力していく所存です。

帰り際、プール脇にある壁画に目が止まりました。これは私たちが
卒業制作で残したもので非常に懐かしくなりました。

流石に30年近く経ったので劣化していましたが、、、
2015.04.08 Wednesday

玉造中学校入学式

 みなさん、こんばんは。
今日は母校、玉造中学校の入学式でした。
まさかの雪混じりの天気でしたが、これもいい思い出になること
でしょう。


さて、今年の新入生は94名とのことでした。
卒業生が81名だから少し増えてきているみたいですね。



選挙が終わったら気持ちを新たに取り組もうと思っていることの
一つが中学の部活動の活性化です。たまにはサッカー部の練習に
行こうと思います。昔、外部指導員をやっていた時のように熱い気持ち
を再び、、、
2015.04.08 Wednesday

LCCターミナル視察

 月曜日は青年会議所の例会で4月8日から供用開始される
LCCターミナルビルの視察を行いました。
この視察は昨年の8月の一期生(福島議員、神崎勝議員)との
空港視察の際に見させていただきました。その時はまだ骨組みだけで
あとは全体の構想の説明を受けただけでした。
今回は供用間近とあり、実際とほぼ同じ状況で施設について
実際に見ることでよく理解できました。

(入口。ここまで約500mの道のり、、、)


(中に入るとシンプルながらわかりやすいレイアウトになっています)


(24時間オープンのフードコートも併設。お店は朝4時から21時までの
営業時間となっています。この他に本屋やコンビニエンスストアなどが
あり、かなり利便性は高いと感じました。)

是非、修学旅行で成田空港を利用して欲しいと思います。
2015.04.07 Tuesday

日々の活動、、、

 みなさん、こんばんは。
相変わらず元気に活動中です。

さて、最近はといいますと、
日曜日には地元、大竹区の総会がありました。


実は昨年から「総会」という形になりました。それまでは各地区から
組長と呼ばれる方が出席して物事を決めていましたが、昨年から
欠席者からは委任状を取るなどして、総会形式に変更しました。

また、北須賀地区にある「産直 まこも」を訪れました。


今後も、日々奮闘してまいります!!
2015.03.26 Thursday

空の駅「さくら館」オープン

 みなさん、こんばんは。
今日はさくらの山に併設されている空の駅「さくら館」の
オープニングイベントに出席。

ここは昔は飛行機が間近で見ることができると一部のマニアの方の
スポットだったものが口コミで広がるとともに桜の植樹やトイレの整備等
を行い、ようやく今日の日を迎えることとなりました。
ここには年間約40万人が訪れる観光スポットで今後は成田駅や空港から
さらには都内からはとバスのコースにもなり、バスでも訪れることができる
ようになることから成田空港、成田山に次ぐ、成田第3の観光スポットに
成長する可能性を秘めています。



館内は直売コーナはもちろん、展示コーナー、喫茶コーナー、
休憩スペースなどが整備されており、ゆっくりとくつろぐことができます。

うちの息子(1歳7ヶ月)も飛行機が好きなので時々、ここに
連れてこようと思います。
2015.03.26 Thursday

駅ビル<スカイタウン成田>内覧会

 みなさん、こんばんは。
昨日、駅ビルのスカイタウン内の「成田市文化芸術センターの内覧会に
参加してきました。

ここは、総事業費約103億円(内、国からの補助金やマンション部分や
保留床の売却益等により市の負担分は約半分)でビルはもちろん、
ロー駅前ロータリー部分も整備されます。(今までの約倍の広さに)



7月4日のオープン時には市川海老蔵公演も予定されており、市の
シンボルとしても楽しみな場所になると思います。
ちなみに公演チケットは市民限定で抽選のなる予定だそうです。
詳しくは広報なりた等でお知らせしていくとのことです。
2015.03.20 Friday

卒業式と立候補予定者説明会

 みなさん、こんにちは。
17日に八生小学校の卒業式が行われました。


私の母校ですが、卒業生は13名。私の時は42、3名だったことを考えると時の流れを
感じるとともに、今後のことが懸念されます。

午後からは4月26日に予定されている市議会議員選挙立候補予定者
説明会が開催され、34陣営が出席。

私の個人的な想像で2陣営が欠席していると思われるので
選挙戦は36陣営での争いになりそうです。

さて、今は選挙に向けての各種書類の記入、準備(ポスター他の手配等)や
3月定例会の報告書の作成、さらには政務活動費の取りまとめなどに
追われ、なかなか選挙モードに入れていない中、焦りだけが募ります、、、
2015.03.09 Monday

議会改革特別委員会(最終回)

 みなさん、こんばんは。
本日、議会改革特別委員会が開催されました。
内容は具体的な運用基準の検討でした。
請願・陳情の取り扱い(提出者からの意見徴収)、議会報告会、
広報広聴委員会、反問権等について議論しました。

私からは議会報告会と広報広聴委員会について述べさせていただきました。
議会報告会については予算決算審議の定例会後の年2回を
想定していますが、詳細について今後設置される広報広聴委員会に
おいて決められるものとなっています。

広報広聴委員会については所管事項は
1、議会だよりに関すること
2、議会ホームページをはじめとするITとメディアに関すること
3、議会報告会に関すること
4、市民の意見把握に関すること
5、全号に掲げるもののほか、議会の広報および広聴に関すること
としました。また定数は議長、副議長を含む15名とし、任期は
2年としました。議長は3、4、に関する部会に所属してもらいます。
副議長については1、2に関する部会に所属してもらいます。
そのほかに正副委員長がいます。委員長は両作業部会を兼務します。
よって、それぞれの部会は議長(副議長)を含む7名で構成されます。
任期は2年で、制度上は2年で15名が変わるので全員が広報広聴委員を
経験することになりますが再任は妨げませんので、再任される委員も
いるかもしれません。いずれにしてもこの広報広聴委員会は4月からの
ある意味目玉となる委員会になると思っています。この委員会の力に
よって成田市議会の広報広聴機能が決まるといっても過言ではありません。
私も4月の選挙を勝ち取り是非とも広報広聴機能を推進していきたいと
思っています。