月別   │   日付別  │   コメント  │   トラックバック  │   カテゴリー  │  
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 国際医療福祉大学の入学式 | main |
2019.04.09 Tuesday

成田市の現状(有害鳥獣)

昨年の秋以降、成田市内、公津地区において目撃、捕獲されているイノシシなどの有害鳥獣の現状についてです。


過去3年の捕獲状況は以下の通りです。


平成27年度  合計202

(獣類)イノシシ 8頭

            ハクビシン 42頭

            アライグマ 0頭

            タヌキ 10頭

(鳥類)カラス 91羽

            ムクドリ 1羽

            ヒヨドリ 0羽

            スズメ 0羽

            キジバト 0羽

            ドバト 46羽

            キジ 4羽


平成28年度 353

(獣類)イノシシ 17頭

            ハクビシン 95頭

            アライグマ 0頭

            タヌキ 93頭

(鳥類)カラス 63羽

            ムクドリ 2羽

            ヒヨドリ 0羽

            スズメ 0羽

            キジバト 7羽

            ドバト 76羽

            キジ 0羽


平成29年度 515

(獣類)イノシシ 12頭

            ハクビシン 39頭

            アライグマ 0頭

            タヌキ 127頭

(鳥類)カラス 160羽

            ムクドリ 4羽

            ヒヨドリ 0羽

            スズメ 2羽

            キジバト 5羽

            ドバト 158羽

            キジ 8羽


平成30年度(2月15日まで)212

(獣類)イノシシ 16頭

            ハクビシン 38頭

            アライグマ 4頭

            タヌキ 46頭

(鳥類)カラス 67羽

            ムクドリ 0羽

            ヒヨドリ 0羽

            スズメ 0羽

            キジバト 2羽

            ドバト 39羽

            キジ 0羽


となっています。

これを見ますとまず、今年度になり冒頭話したように成田市内公津地区でイノシシが捕獲され始めました。またアライグマの捕獲もあります。獣類の生息域が確実に広がりつつあると思います。

また鳥類も年により多少はありますが、毎年一定数の捕獲があり、こちらも継続した対応が望まれるところです。


獣類への対応は急務であり、マンパワーが必要ですが、猟友会の方々への負担は増加するとともに高齢化も進んでおり、思ったような対応が取れないという課題もあります。


この件については過去にも一般質問や予算・決算特別委員会でも議論をしていますが、今後も継続した対応が必要です。特にイノシシによる被害が拡大しないようにしなければならないと思います。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック