月別   │   日付別  │   コメント  │   トラックバック  │   カテゴリー  │  
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 成田市の現状(人口) | main | 高校生との意見交換会を開催 >>
2019.03.24 Sunday

成田市の現状(空き家)

日本全国で2018年の空き家総数は1083万戸で空き家率は17%とのことでした。

これが2033年には2166万戸になり空き家率は30.4%まで上昇すると言われています。


さて、成田市の現状ですが、以下の画像は昨年の議会報告会の資料からですが、市内全体で1362軒の空き家があり、空き家率は5.3%となっています。


私の地元の八生地区は市内で最も空き家率が高く11.14%と10%を超えており、10軒に1軒が空き家という状況です。



そこで成田市では昨年の6月より空き家バンク事業をスタートしています。

これは空き家の有効活用を目的に、空き家の賃貸や売買を希望する所有者の方の物件を市に登録し、市はホームページにその情報を公開するもので、その情報を見た利希望者と所有者との橋渡しを市が行う制度です。


しかし、空き家物件の登録が思うように伸びていないのが現状で、現在も登録件数は2軒程度と少なく、まだまだ周知が足りていない(市内には1362軒の空き家がある)こともあると思います。


空き家を有効活用できれば定住促進や地域の活性化など地域のリノベーションを促進できると思います。今後も空き家の有効活用についてよい施策があれば提案していきたいと思います。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック