月別   │   日付別  │   コメント  │   トラックバック  │   カテゴリー  │  
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 建設水道常任委員会の視察で熊本市、久留米市を訪れました | main | 中学生議会が開催されました >>
2018.08.10 Friday

入学児童数(八生小、神宮寺小、玉造小)

みなさん、こんばんは。


この時期はお祭り、盆踊りをはじめ、人が集まるところに呼ばれる機会が増えるとともに様々なお話をさせていただいていますが、特に地元である八生地区で多いのは「八生小の入学児童数は大丈夫か?」ということが話題になります。

なにせ今年は5人と少なかったため、多くの方が気にしていることと思います。


そこで「学校適正配置による児童数の状況と今後の推移」というのが成田市のHPから見ることができ、そこには平成35年度までの各小学校の児童数の推移が住民基本台帳を基に記載されています。

それによりますと


(八生小)

平成32年度入学児童数、10人

平成33年度入学児童数、11人

平成34年度入学児童数、15人

平成35年度入学児童数、14人


(神宮寺小)

平成32年度入学児童数、13人

平成33年度入学児童数、15人

平成34年度入学児童数、19人

平成35年度入学児童数、11人


(玉造小)

平成32年度入学児童数、32人

平成33年度入学児童数、29人

平成34年度入学児童数、16人

平成35年度入学児童数、10人


となっています。

八生小は10名強の人数で推移しますが、神宮寺小、玉造小は今後5年の間に大幅に減少することが予想されています。


玉造中学校はこの3校の児童をベースに構成(八生小の一部は成田中へ)されているため、中学校の生徒数も大幅に減少していくことが予想されます。


今後は小規模校のまま維持していくのか、それとも統合等の検討が必要なのかということが議論になってくるものと思われます。


今後もこれらのことについて皆さんの考えをお伺いできればと思います。

コメント
入学児童数を拝見して驚きました、今はもうそんなに人数が少ないのですね
給食などの運営もどうなるのでしょうか、心配になってしまう人数です
また、玉造中も私が在学していた時はA~H組ぐらいはあった記憶があるのですが、この人数だと1学年1クラスにしかならないのですね
驚愕の事実です、大変驚きました
  • 神宮寺小卒業生です
  • 2018.08.21 Tuesday 11:06
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック