月別   │   日付別  │   コメント  │   トラックバック  │   カテゴリー  │  
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 一般質問が終了しました | main | 市民との意見交換会 >>
2014.10.22 Wednesday

決算特別委員会

みなさん、こんばんは。
一昨日、昨日で決算特別委員会が開催されました。私はこの任期中に4回決算特別委員会の
委員になりました(毎年です)。
さて、この決算特別委員会ですが特に今年は9月定例会で議長不信任案や発議案の一件があり
決算特別委員会に向けた準備(資料の請求や質問等)ができませんでした。
それにしてもこの「決算」についての質疑はいつも気を使います。なぜなら昨年度のことについて
聞かねばならなかったり、その費用対効果等について聞いていかなければ効果的な質問とならない
ためです。そう言う意味ではなかなか良い質問ができませんでした。。。

そもそもこの決算特別委員会は成田市では9月議会閉会後の10月に実施していますが、このタイミングでは
既に来年度予算編成が水面下で始まってしまっているのです。さらにこの決算特別委員会の執行部への
指摘事項(意見書)の取りまとめは11月に入ってから(今年は11月5日予定)であり、来年度予算に反映させるには
遅いのです。さらにこの委員会のメンバー構成も30人中8名で構成され、その8人で約600億円もの
市の決算を精査するのは至難の業と言わざるを得ません。
そこで現在、議論が出ているのが2点。
1つ目は開催時期。9月定例会中にやってしまうというもの。そうすれば来年度予算編成に決算を反映できる
ことになります。
2つ目は8人での審査ではなく全員で審査するというもの。それを各所管の常任委員会で分割質疑をすれば
全議員参加で且つ所管の委員会での審査となるのでより深化した議論ができると思います。
ただ、自分が属する委員会以外の質疑はどうするのか(総括で?)等の問題や実際の運用等には不透明な
部分もあると思いますが、私はこの手法を採用すべきと考えています。
是非、来年の決算等別委員会から、もし可能であれば年明けに開催される予算特別委員会からでも
各常任委員会での分割質疑、全議員参加で審議できればと思います。

さて、明日は千葉県北総地区市議会正副議長会研修会が成田ビューホテルで開催されます。
講師は松下啓一氏でテーマは「つくろう議員提案の政策条例」です。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック