月別   │   日付別  │   コメント  │   トラックバック  │   カテゴリー  │  
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< (遅くなりましたが)速報<ウクライナ前半戦> | main | カジノを含むIRの可能性 >>
2012.07.01 Sunday

<速報>チェルノブイリ

 みなさん、こんばんは。飯島照明です。
チェルノブイリの報告をまずは速報レベルでブログアップします。
まだ、現地での説明が英語だったため、メモ書きしたものや画像等の
取りまとめがまだなので報告にはもう少し時間がかかります(ご了承ください)
さて、チェルノブイリは衝撃と驚きの連続でした。
30km圏内で一度検問があり、次に10km圏内で再度検問がありました。
そして今もチェルノブイリの街はその30km圏内で生活者が数千人いて
活動しているということです!!

(事故初期の消火活動にあたった方々のモニュメント)
そして途中にある幼稚園は廃墟と化し、以下のような状態、、、

そして、10km圏内はさらにひどい状況でした。チェルノブイリが出来てから
できた街を訪れたのですが、ガイドが以前の写真を見せてくれたのですが、
とても想像がつかないような場所に変わり果てていました。

(正面の森に先にあるのが写真のビル、信じられない)
もちろん10km圏内は放射線量も高くなっていて、ところにより
10〜40msvのホットスポット?があった。

(私の簡易測定器ですら約10msv。)
普通のところでも2msv前後の数値とかなり高い。
このあと問題の原発を訪れた。そこでも作業員が所々に見受けられたが
防護服等を来ている様子もなく、普通に作業していた。聞いてみると
「除染しているから大丈夫」とのこと。ただ一部は除染されていても周りは?
と思わざるを得ませんでした。そして原発から1km位の近場で食事。
一瞬「大丈夫!?」と思ったが、「除染されている。食材はキエフから運んで
来ているから大丈夫」というので食事。入口でなんとなく怖い放射線測定機を
通過して食堂に入ります。

食堂には他の国のジャーナリストらしき方々も10名ほどいました。

雑駁な説明になりましたが、こんな感じでした。色々と考えさせられました、、、
コメント
結局、飯島さんはチェルノブイリを視察してどの様に思ったのですか?
原発は反対?賛成?
明確に考えの発信をお願いします。
  • dd
  • 2012.07.05 Thursday 23:31
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック