月別   │   日付別  │   コメント  │   トラックバック  │   カテゴリー  │  
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.06.04 Tuesday

<サッカー>W杯出場決定!!  in 埼玉スタジアム

みなさん、こんばんは。
先ほどサッカーのW杯最終予選のオーストラリア戦が終わり、
見事にW杯ブラジル大会の出場権を獲得しました。

さて、ちょっと違った視点で、、、

今回の舞台はサッカー専用スタジアムである埼玉スタジアムが
会場になりました。日本では自治体所有のスタジアムがほとんどで
Jクラブ所有のスタジアムは柏レイソル所有の日立柏サッカー場のみ
となっています。
この埼玉スタジアムですが運営は赤字だそうです。
そもそも日本では都市公園法により収益事業が行えないことに
なっています。海外では「ハコモノ」だけれども様々な工夫に
より収益を上げ、黒字運営しているところも多く存在します。

成田市でもそうですが、スポーツ施設等は
「公園」という概念に縛られていることが多いです。
「スポーツ」と「公園」、、、日本ではこのククリがネックですね。
ここを切り離して考えるようにしない限り、
海外のスタジアムではショッピングセンターやホテルが
併設されていたりしますし、地下に大規模駐車場を備えている
スタジアムがあったりと、さまざまな工夫が見られます。

日本でも2011年に「スポーツ基本法」が施行されており、
スポーツ権が明示されていたり、自治体がスポーツに関して
積極的に関わることも求められています。

2013.02.06 Wednesday

イタリア訪問<おまけ>

今回のイタリア訪問で訪れた場所です。

トリノ市内にあるイータリーという有機農産物をはじめ有機のものを扱うスーパーです。
イタリアでは有機への関心が高く、このようなスーパーが流行っているようです。
日本でも最近「有機」が注目されていますが、イタリアではこのように販売する場所があります。
日本では、、、産直や道の駅でしょうか。。。

これはとしの中心街にあった公衆トイレです。使い方が3カ国語で書かれていて有料です。
中は、、、確認していません。。。

トリノ市役所です。いかにもヨーロッパといった感じですね。


さてこれはなんでしょう??
答えはイタリアのお墓です。イタリアのお墓は基本的に100年契約でご覧のようにマンションの
ようになっています。ここにも文化の違いがよく表れていますね。

といった具合で短い滞在でしたが様々なことを吸収できました。

<追伸>
今回のイタリア訪問では政務調査費は一切使っていません。
「視察」という言葉を使ったので税金使って行っていると思われる方がいらっしゃるかもしれませんので、、、

2013.02.06 Wednesday

イタリア訪問<4日目最終日>ミラノへ

 さて4日目はミラノへ移動。目的はもちろんACミラン戦観戦。
ラッキーなことにイタリア代表の注目選手マリオバロテッリがイングランドのマンチェスターシティから
移籍し、そのデビュー戦ということで注目が集まりました。

とにかくデカイ!画像ではわかりづらいですが人と建物を比べて頂ければ少しはその大きさが
伝わるかもしれません。とにかく圧倒されます。なにせイタリアで一番大きなスタジアムで8万人
以上が入れるそうです。

試合前には最近多いのですがピッチに水をまいてボールの滑りをよくする(パススピードが上がる)
をしていました。

前半、バロテッリがゴールを決めるとお約束?の発炎筒があちこちで焚かれました、、、
それにしても持ち込み可能なのか???
試合は終了間際にPKを獲得し、それを再びバロテッリが決め2−1でACミランが勝利しました。
興奮そのままミラノ市内のホテルへ戻り帰り支度をしました。
2013.02.06 Wednesday

イタリア訪問<3日目>(ユベントスユースの試合とトリノ戦観戦)

 3日目はユベントスのプリマベーラ(18歳前後位)の試合を観戦しました。


プリマベーラといっても観戦料金10ユーロ。しかも観客が結構いる(7、80人位?)そして老若男女が
います。レベルもかなり高く、10ユーロ払ってもみんなが見に来るわけがわかります。
もちろんここで活躍すればトップチーム昇格やイタリア代表にも声がかかるかもしれないのでみんな
必死です。(余談ですが2枚目の画像、遠くにアルプス山脈が見えますね)
ここは市内から車で20〜30分ほどのところなのですがここから5分ほどのところにユベントスの
練習場があります。帰りに寄りました。

残念ながら今週はアウエーのため選手はいませんでした。この中にはサッカー場が7面位ある
そうです。次回はこの中を見せていただきたいと思いました。(一般には開放していないそうです)
夜は昨日視察したスタジオオリンピコでのトリノFCvsサンプドリアの一戦を観戦しました。

2013.02.06 Wednesday

イタリア報告<2日目>(スタジアム視察)

 2日目はスタジアムの視察。トリノには2つのビッグクラブ(トリノFCとユベントス)があります。
ユベントスはセリエAで唯一自前でスタジアムを所有しています。

ユベントスは現在セリエAでの成功例として注目を集めている。スポンサーを集め、
地元を巻き込み、そしてチームの強化につなげる(実際にヨーロッパチャンピオンズリーグ
進出やセリエAでも首位を走っている)などお手本となるチームになっている。

ここはスタジアム入ってすぐのスポンサー(VIP)用のラウンジで軽食や飲み物を飲んで
試合開始を待つことができる。

また館内にはメディア用のメディア室もあり様々な情報発信をタイムリーに行うことができる。

スタジアムも綺麗に維持管理されている。もちろん芝生も同様に手入れが行き届いている。
画像は温度を上げるとともに照射し芝生の成長を促しているところ。もちろんこのグランドの
芝生の下にはヒーターがあり、雪が降っても大丈夫になっている。
それとこのスタジアムの隣にはショッピングセンターが隣接していることとスタジアムには
ミュージアム(博物館)も併設されていてユベントスのチームの歴史がわかります。


次にもうひとつのトリノ市にあるチームトリノFCのホームスタジアム「スタジオオリンピコ」を
視察。ここは2万8千人収容のトリノ市所有のスタジアムでセリエAの中では17番目の大きさ
です。試合を翌日に控え、準備が着々と進められていました。


トリノFCはかつてセリエAを7回も制覇した古豪。当時、イタリアはもちろんヨーロッパ中で
活躍していました。ところがチャンピオンズリーグの試合がポルトガルで行われ、
その帰りに選手を乗せた飛行機が視界不良で丘に墜落し、選手が亡くなった歴史があります。
その当時、イタリア代表のスタメン11名のうち10名がトリノの選手だったという事からも
当時のチーム・選手の偉大さが伺えます。

スタジアムの内部とロッカールームに貼りだあしてある試合当日のスケジュールです。
試合当日は30秒単位で行動が記されています。

これがロッカールームです。ユベントスの時はそうでしたが(ユーベは撮影不可)、ロッカーの
位置は指定されているそうです。これにも心理学がはたらいているようでキャプテンは選手
全員が見える場所等の配慮がなされているとのことでした。
2013.02.06 Wednesday

イタリア報告<初日>(街中のサッカー場)

 みんさん、こんばんは。
昨日まで現地滞在4日間の強行日程でイタリアに行ってました。
イタリアでは主にサッカー場や試合観戦、その他、イタリアの生活について
垣間見ることができました。
まず、サッカーの環境ですが、トリノ市内にあるリヴォリ地区(人口約5万人)
には4つのサッカー場があり、いずれもナイター照明付きということでした。
「なぜ?」という問いに「(平日)学校や仕事終わり(夜)にサッカーをする
には必要だから」という真っ当な回答が、、、

(一般のナイターの練習風景です。こちらは大人部門)

グランドの反対側はユース(18歳前後位)の練習。奥に見えるコートでは
中学生くらいとGKが練習していました。さらに撮影場所の裏には天然芝の
グランドがあります。
19時から20時半まで練習でした。その前には小学生が練習していました。
2012.12.03 Monday

週末サッカー、、、

 みなさん、こんばんは。
この週末はいつもどおり?サッカー三昧となりました。
土曜日は下総フレンドリーパークにて5年生対象のゼビオリーグを実施。
成田市からはボレイロ、成田SSS、八千代から高津FC、潮来から潮来SSS、
我孫子からつくし野SCの5チームが集まりました。(下総FP)
しかし、午後から荒天(霰→雪、雷)になり、残念ながら中止に
なってしまいました。
夜は同級生を中心とした野球チーム「クランキーズ」の納会に参加しました。

日曜日は午前中に栄Gにて成田市社会人サッカーリーグの試合。
(我々の試合は残念ながら相手チームの都合により不戦勝)
(栄G)
そして午後からは同じ成田市社会人サッカーリーグのため、芝山グランドに
移動し、試合を実施しました。
(芝山G)
この芝山グランドはなんとナイター照明付き。気になりいろいろ聞いてみた
ところ、夏場は結構利用されているとのこと。
成田もようやく中台球技場にナイター照明が付きましたが、芝山ではすでに
ナイター付きサッカー場があったとは、、、
先月の決算特別委員会でも発言しましたが、
成田市の社会人サッカーチームはグランド不足により栄町や芝山町、
酒々井町のグランドを利用してリーグ運営を行っています。
このお粗末な状況を一刻も早く解消する必要があると思います。
現在成田市内には中台球技場と下総フレンドリーパーク、
それと北羽鳥多目的広場の3箇所しかサッカーできる場所がありません。
今後もこの状況打開のためにも活動してまいります。
2012.11.08 Thursday

タイに来ています

 みなさん、こんにちは。
今週はタイのバンコクに来ています。
昨日行われたフットサルのW杯の日本vsリビアの試合を観戦するとともに
フットサル関係者に会い、現在検討している事項について話をさせていただき
ました。
1つは成田市内でフットサルのクリニックの開催。
もう一つはフットサルのFリーグのセントラルの成田開催について。
セントラル開催は昨年は船橋市で開催され私も観戦に行きましたが、
多くの少年サッカーファミリーをはじめとするサッカー関係者が観戦に
来ていて、実施することの意義の大きさを感じました。
また、サッカー教室は何度か開催されていますがフットサルのクリニックは
なかなか開催されていないので、是非、成田市で開催して欲しいという
旨を話ました。現在はW杯に集中していますので、後日、具体的に
話を進めていきたいと思います。
(今回も強行日程のため明日、帰国します)
2012.09.17 Monday

改めてサッカー場について、、、

 みなさん、こんばんは。
この週末は土曜日は母校・八生小の運動会。
それ以外はサッカー三昧でした。
昨日は四十雀・女子のサッカー大会「成田ケーブルTV杯」でした。
これは三里塚のグランドで行われるのですが、グランドの状態は
決して良いとは言えず、、、ただ、少年サッカーコートが5面取れるので
場所があるだけでもありがたいです。
場所もしっかり管理されていて、三里塚FCさんに感謝申し上げます。
さて、本日も先程まで所属チームの会議がありましたが、
うちのチーム主催で少年サッカー大会を開催しようと思うのですが、
成田市内には一般に利用開放している場所でサッカー場を2面取れる場所が
現在工事中の中台球技場と下総フレンドリーパークぐらいしかありません。
普段は栄町の河川敷のグランドや周辺自治体のグランドを借りて成田の
チームがサッカーの試合を行っているのが現状です。現在進めている、
サッカーの地域リーグもグランド確保がままならず、遅れています。
このように成田市を取り巻くスポーツ環境(特にサッカー環境)はお粗末としか
言いようがありません。今後も、引き続き、スポーツ環境向上のために
尽力していきます。
少なくとも少年サッカー大会の成田市大会を成田市内の良い環境の
整ったグランドで開催できるようにしていきたいと思います。
一般質問でもやりましたが、とにかく子供も大人もサッカーできる場所が
少なすぎます!!!
2012.09.01 Saturday

県民体育大会 〜サッカー競技〜

 みなさん、こんばんは。
今日は県民体育大会のサッカー競技のため、市原市の八幡球技場に
行ってきました。

人工芝、ナイター照明完備の素晴らしいグランドでした。
ここも4月から10月までは朝7時から夜9時まで利用可能です。
すぐ近くに市原スポレクパークという施設もあり、天然芝3面、人工芝1面、
そして人口芝グランドにはナイター照明も付いています。
肝心の試合の方は1回戦、銚子市相手に5−0で快勝。明日はベスト8を
かけておそらく千葉市との対戦かと。会場はスポレクパークです。

今回の一般質問でスポーツ環境の整備について行いますが、
ようやく球技場に照明がつき利用時間が長くなりましたが、
根本的なグランド不足(大人も子供も)は解消されていません。
特に子供のスポーツ環境はお粗末なものがあるのでこの件については
今後も引き続き、提案・要求していきたいと思っています。
そのへんのところをしっかりと一般質問していきます。